家族葬は少人数で行われています

家族葬は少人数で行われています

家族葬は少人数で行われています 近年では家族葬を選択される方が増えているといいますが、どのくらいの規模であるのかをみていきましょう。何人から何人までといった参列者の制限がなされているものではありませんから、一般的な目安としてお伝えしていきますと30人前後と考えていいです。この人数の中には、家族や親戚が含まれることが多いものですが、故人が親しくしていた友人が参列者として含まれることがあるので30人を超えることもあります。
家族葬はこれまで行われてきた一般的なお葬式に比べまして、規模が小さいことが大きな違いになるでしょう。その理由は、家族や親戚に友人といった生前にお付き合いが深くて近しい人たちが集まり故人をゆっくりと送る目的であったり、亡くなった人の遺志を尊重しお葬式の費用を抑えることなどがあげられます。この参列者の少ない家族葬というお葬式の形を選ばれる方は、少子高齢化の日本ですからこれからますます増えていくことが予想されます。

計画的に行う必要がある家族葬

計画的に行う必要がある家族葬 家族葬は、日本人の仏教離れや経済不況などによって必然的に形作られた葬儀のスタイルであり、比較的新しいスタイルである事から業界内でも明確な定義付けが行われていないだけで無く、一般的な日本人もこの葬儀スタイルに対するマナーを正確に把握していないのが実情です。その為、一般的には遺族と極限られた親族と知人だけで執り行われるはずの家族葬を一般的な葬儀と同様の規模で行わせたり、葬儀後の人間関係を良好に維持する為のアドバイスを怠るなどの弊害も少なく無いのが現状です。日本の葬儀では、故人と特段の付き合いが無くても「袖触れ合うのも多生の縁」として自発的に弔問や参列するのが常識ですが、家族葬では遺族からの依頼が無い限り弔問や参列しないのが常識とされています。また、家族葬は遺族と極限られた親族と知人だけで執り行われるので葬儀後に故人の死を知り人間関係が悪くなるケースが多くあり、葬儀を行う前に遺族と極限られた親族と知人だけで葬儀を行う事を知らせるなど計画的に進める必要があります。